Wind@RAG
管楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

トランペット演奏が不調なときの改善法

トランペットの不調に陥った時にすぐ効果を実感できる練習方法を紹介します。

不調の原因

トランペット演奏

http://o-dan.net/ja/

不調には多かれ少なかれ、必ずその兆候が現れます。

そしていつもと大きく変わったことをすると不調の原因になってしまったりもします。

たとえば……

  • (部活の合宿など)まとまった休憩を取れず長時間に渡って演奏した時
  • 長時間特殊管を吹いた場合
  • マウスピースを変えた場合
  • 楽器を変えた場合
  • ウォーミングアップの時間が取れず合奏をした場合

などなど……

一例ではありますが、自分の経験から総じて長時間吹いた場合はあまり良い結果につながらないことが多いです。

こと、トランペットを吹くことに関していえば、練習時間=上達にはならないということです。

もちろん曲の中のパッセージの練習や反復練習はある程度時間をかけることが必要です。

ですので不調に左右されないためにトランペットを吹く上で一番意識するべきポイントは、

トランペットを吹く感覚を養うことです。

ここが最重要です。

ここがブレなければその土台に技術だったりハイトーンを出すことだったりそういったスパイスを上に積み重ねて行けばよいだけです。

ここがマスターできれば1日2時間も3時間も練習することは必要なくなります。

話がそれてしまいましたので、後日この「トランペットを吹く感覚を養う」ことについて記事を書いていこうと思います。

話を戻します(笑)。

トランペットを吹いていて不調に陥った時にすぐに効果を実感できる練習方法

ブレスをするときに口からではなく「鼻」から吸う

普段みなさんはブレスの際、楽器を吹く前に口から息を吸いますよね?

それを「鼻から吸う」に変えてみてください。

あまり長い拍を吹かず、1つの音でロングトーンを何回かやってみましょう。

僕は曲などで音出し1発目に高音を出さなければいけない時によくする練習なのですが、これは不調時にも効果があります。

管楽器を吹く際、一番アクシデントが起こりやすいのは最初の1発目の音を出すときです。

そしてそのアクシデントの原因のほとんどがブレス後、マウスピースに息が入る瞬間にアンブシュア・アパチュアが動いてしまうことです。

これはなかなか自覚を持ちにくいだけに、鏡でも見ないとなかなかわかりません。

あと、若干抽象的な表現になりますが、鼻からブレスすることで口回りの余計な力が抜け、アンブシュアをコントロールできるようになります。

アパチュアの部分を中心にアンブシュアを整えるようなイメージで吹いて気持ち良いポイントを探してみてください。

吹いて気持ち良いポイントというのがかなり大切になってきます。

おすすめの記事あわせて読みたい