Wind@RAG
管楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
トランペットのミュートの種類と特徴

トランペットのミュートの種類と特徴

「トランペットのミュートはどんな種類があるの?」「どんな音でどんな時に使うの?」など、案外知っているようで知らないミュートのこと。

ミュージックアレンジをする上でも欠かせない基礎知識。

そんな「ミュート」についてご紹介していきます。

ミュートとは?

トランペットのミュートの種類と特徴

そもそもミュートって何なんだろう?という疑問にお答えします。

まず、ミュートは英語ではMute、日本名では弱音器と言われています。

「じゃあ音を小さくするのが目的での使用なの?」と思われるかもしれませんが、一概にそうではありません。

バンド楽器の方ではおなじみのエフェクターの様な役割も兼ね備えているのです。

エフェクターにも沢山の種類があり、メーカーがある様に、トランペットミュートにも同様の事が言えます。

トランペットのミュートの種類と特徴

たくさんあるミュートの種類ですが、その中でもオーソドックスな3種類を紹介していきます。

ストレートミュート

ますはこのストレートミュート。

壺(つぼ)の様な形状でトランペットのベルの中に差し込んで使うのですが、金属が共鳴する「ビィーン」とした音に変化します。

もちろん音楽ジャンルにもよりますが、多ジャンルの中でも使用される機会が一番多いのはストレートミュートではないでしょうか。

とても明確な金属音なので、作編曲者側から見ても使いやすいアイテムかと思います。

カップミュート

その名の通り、ストレートミュートに筒状の円形物が足されたミュートです。

このミュートは上のストレートミュートよりも金属音が抑えられ、少しこもった音の印象です。

あまりハッキリとしたサウンドではなく、少し抑えたい際に使用される事が多いです。

又、カップの部分(筒状のもの)は取り外しが可能なので、カップ部分を取り、単純にミュートとしても使用する事もあります。

ですが、ストレートミュートほど明確な金属音はあまり期待できません。

おすすめの記事あわせて読みたい