Wind@RAG
管楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

春から新しくトランペットをやりたい!新入生へアドバイス

春から新しくトランペットをやりたい!でも全く触ったことも吹いたこともない……音が出るのか心配……などなど。

そんな新入生へのアドバイスや、実際に行う上での大切なポイントをまとめてみました。

トランペットという楽器については、以前アップしているのでそちらも併せてお読みください。

音が出るのかな……?

トランペット

http://o-dan.net/ja/

まず一番に不安になるポイントですね。

答えから書くと、最初から音が出る方もいれば出ない方もいます。

「そんなのそうだよ!」と突っ込まれてしまいそうですが、今までの経験上の率直な感想です。

「音は時間をかけて磨く物であって最初だけが肝心ではないのです。」

そんなことを言っても「楽器を決める時に音が出ないとトランペットになれない」んです……

これは小学生~高校生まで一貫してある悩みことで「来週に楽器を決めるテストがあるのでレッスンを受けに来ました」は、かなり上位の1つです。

文字だけで伝えるのには限界があるので、同じような状況にある方はお近くの楽器店や先生などに相談されるのが最もベストです。

そんな環境がないし時間もない、早く実用的な楽器の吹き方を知りたい!

トランペット

https://unsplash.com

それでは本題のトランペットの吹き方を書いてみましょう。

吹き方に定まった物はありませんが(指導をされる先生によってさまざまです)、私が指導する上で良く例える「トランペットを吹く状態と似ている口の形」を書いてみましょう。

※本来は金属製のマウスピースで行うこと。

決してオススメはしないですがプラスチックのマウスピースでも初回に限り可です。

理由としては金属製マウスピースは値段が高いので、これから続けるか分からない段階のみプラスチック製マウスピース(1000円以内)で良いと考えています。

ストローでシェークを飲む際の唇の状態

シェークを飲む時の口の形を思い出してください。

細いストローを上下の唇で挟んでいますよね、その挟んだ状態からストローだけを抜きます(口の形はキープしたまま)。

力が入っていない柔らい状態の唇で、唇の真ん中に小さな空気の通り道(アパチュア)ができたことと思います。

初心者がトランペットを吹く際にはそのアパチュアがとても重要になってきます。

この唇の状態をイメージしマウスピースを充て、息を吹き込み上下の唇を振動させていきます。

おすすめの記事あわせて読みたい