Wind@RAG
管楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

サックス初心者のための練習曲

ジャズやポップス、オーケストラや吹奏楽……さまざまな音楽シーンで大活躍する花形の楽器、サックス。

今回は華やかな音色に憧れてサックスを始めた方におすすめの練習曲をご紹介します。

初めは音を出すだけで精一杯ですぐに口が痛くなったりするかと思いますが、めげずに練習を重ねて奇麗な演奏を目指してみてください。

サックスはどんなジャンルでも対応できる素敵な楽器ですよ。

もくじ

サックス初心者のための練習曲

イングリッシュマンSting

イギリスの有名な歌手であるステイングの曲です。

元はソプラノサックスの曲ですが、アルトサックスでも、良い雰囲気の演奏ができると思います。

曲自体に味があるので、マスターしたら、レパートリーも増えて演奏が楽しくなるのではと思っています。

ヘイジュードThe Beatles

世界的に大ヒットしたビートルズの「ヘイ・ジュード」もサックスの練習に選びたい曲です。

ゆっくりとしたメロディーはもちろん、フラットして上がっていく音もサックスではよい練習になります。

テイクファイブPaul Desmond

5/4拍子の曲としても大変有名な曲です。

そしてどこかで聴いたことがある曲でもあります。

中にはこの曲を聴いてサックスを始めたいと感じた方もいる恥です。

しかしこの変拍子はとても難しいです。

3/4拍子と2/4拍子が交互に出てくるようなものです。

またそこが心地よい曲でもあります。

ビートをしっかり感じましょう。

Fly Me To The MoonJulie London

ジャズスタンダードのナンバーとして知られるこの曲はジャズシンガーが多く歌ってきているがこの曲はどの楽器で演奏してもとても良い曲です。

直訳で「私を月に連れてって」のようにかつてアメリカの宇宙船アポロに積み込まれ実際に月に行った曲でもあります。

付点音符を長く吹き過ぎないのがうまく演奏するポイントです。

EverythingMISIA

2000年10月25日に発売されたMISIAの7枚目のシングルです。

フジテレビ系ドラマ「やまとなでしこ」主題歌となり大ヒットしました。

この曲は伴奏のコードが目まぐるしく変わり普段聴き慣れている伴奏とは違う響きが聴こえてきます。

練習曲としては伴奏の難易度が高いですが耳を鍛える曲としては良い曲です。

G線上のアリアJ.S.Bach

サックスの四重奏曲もとても趣きがある「G線上のアリア」。

ゆっくりとしたテンポで十分に管を鳴らすように、ビブラートの練習をするのにぴったりの楽曲です。

フルートやクラリネットでも演奏されることが多いので管楽重奏を目標にすることも可能です。

ニューシネマパラダイス愛のテーマEnnio Morricone

映画ニューシネマパラダイス、映画好きは必ず見るはずと言っていいほど多くの皆さんが見ている映画です。

この曲は多くの人が知っています。

ゆったりとしたテンポの中にも緊張感がある曲でもあります。

多くのスタイルで演奏される機会も多い曲です。

オーケストラ、吹奏楽などでも良く演奏されています。

カノンJohann Pachelbel

クラシック音楽の入門曲として取り上げられる。

また、ポピュラー音楽でも編曲されて使用される機会も多い曲です。

結婚式をはじめとして、卒業式などでも演奏されます。

曲は難しくないものの8部音符が多いのでブレスを取る部分に注意が必要な曲です。

美しい響きに入り込み音量の出し過ぎに注意した演奏が求められます。

美女と野獣Alan Menken

この曲は低音から高音までバランス良く出すことが求められる曲です。

低音から始まるため発音が難しくなるため息をしっかり吹き込むだけではなくアタックに気をつけて演奏しなければなりません。

ロングトーンも多い曲なので練習にはとてもよいです。

Butterfly木村カエラ

歌手の木村カエラさんが友人の結婚式の為に書いた曲でもあり、今でも多く結婚式で演奏されている曲です。

リクルート「ゼクシィ」のCMソングとしてオンエアされたこの曲はサックスの音ともとても相性が良く聴いてる人を幸せな気分にしてくれることまちがいなしです。

おすすめの記事あわせて読みたい