Wind@RAG
管楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

プロの控室・楽屋はとても静か、アマチュアのはうるさい

何度かプロのライブで控室に押しかけたり、お手伝いでお邪魔させていただいてた時のお話。

アマチュアの楽屋・控室

僕の経験談でしかないのですが。

まず、扉の外から楽器を吹いている音が聞こえます。

ホールでもライブハウスでも控室兼音出し部屋ってことになっている場合がほとんどですよね。

そして一歩中に入ると、ほぼ全員が大音量で音出ししています。

バンマスやマネージャーが打ち合わせのような会話をしたくても、もちろん会話なんてできません。

何か話したい時は「(外で話そう?)」ってジェスチャーをして外に出るか、声を張らないと会話もできません。

譜読みはできますが、音源を聞きながらは難しいですね。

音量を最大にしてイヤホンかヘッドホンで聞くにしても……耳が痛くなります。

業務連絡をする時は大きく手を叩いて大声で「聞いてー!」、周りも気づいた人が「はーい!注目!!」と制して、話し始めるまで数秒かかります。

とにかくうるさいです。

プロの控室

これも僕が見たビッグバンドだけですが、とにかく静か(アマチュアに比べて)。

まず、普通に会話ができます

周りが大音量で吹いていたら隣同士なのに声を張らないと会話ができませんよね。

普通に会話ができます。

曲を聴いてる方、譜読みをする方、コーヒーやお茶を飲んでリラックスされる方、パート内で曲の進行の軽い打ち合わせ。

楽器を吹く方はいないのか?

います。

ただ、皆さんとーーーーっても小さな音で吹いています

唇の振動を整えるか、指を確認するくらい。

壁に向かって小さく吹く、金管ならハーマンミュートを付けて(練習用ミュートの方も?)、サックならボソボソと。

ハーマンミュートはステムを抜くとさらに静かですね。

【定番モデル】ビッグバンドで使用されるミュート

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます