Wind@RAG
管楽器をもっと楽しむWebマガジン
search
最終更新日:105,345 view

【プロ直伝】後悔しないサックスの選び方。おすすめメーカーまとめ

サックスを始めるんだ!と決心した時から欲しくなる憧れのマイサックス。

あれやこれやといろいろと妄想しながら迷うのもショッピングの醍醐味ですよね。

とはいうものの……いざ調べてみると、メーカーはいろいろある上、同じメーカーから何種類もサックスがリリースされ、カタログやホームページには美辞麗句や専門用語ばかり。

「値段もピンキリだし、一体何を買えば正解なの?」

「あぁ〜もう、迷うというより、悩んじゃう!」

そんなあなたに贈る、絶対後悔しないサックスの選び方をご紹介します。

ネット通販でポチッとしてしまう前に、楽器屋さんでうっかり契約してしまう前に、ぜひともご覧ください。

後悔しないためのポイント1|サックスメーカー御三家を知るべし

世界のサックス界を牽引しているのが、フランスのセルマー(フランス)、日本のヤマハとヤナギサワ。

この3社のメーカーが「サックス御三家」と呼ばれています。

独断と偏見ですが、簡単にその3社を紹介しますね。(品番はアルトサックスで、2018年6月現在の税抜価格です)

Henri Selmer Paris(セルマー)

Henri Selmer Paris(セルマー)

Henri Selmer Paris(セルマー)オフィシャルウェブサイト

サックスの生みの親、アドルフ・サックスから受け継いだ伝統と先進の技術。

つねにサックス界のトップランナーです。

現在のモデルは軽やかで華麗な音色。

最近まで高額モデルのみのラインナップでしたが、セルマーにとっては40万円程の廉価版モデル「アクソス」をリリースしました。

しかし、競合するヤマハのカスタムに対し分が悪い印象。

オススメは50万円程の「シリーズⅡ」、60万円程の「シリーズⅢ」。

価格は高いですが、所有感は抜群。

若かりし筆者にもネックに輝く「Sマーク」は憧れでした。

ちなみに筆者は学生時代「シリーズⅡ」を使用していました。

現在はアルトとテナーの「リファレンス」を所有しています。

YAMAHA(ヤマハ)

YAMAHA(ヤマハ)

YAMAHA オフィシャルウェブサイト

世界唯一にして最大、あらゆる楽器を手がける総合メーカーです。

また、日本中のヤマハで受けられるアフターサービスやメンテナンスも心強い(これが重要です)です。

高級機種「カスタムYAS-875」シリーズ(48.5万円)は、しっとりと豊かな音色でセルマーと一線を画し、愛用するトッププロも多く、フルモー氏や須川氏など、学生時代に筆者が憧れたプレイヤーも皆ヤマハのプレイヤーでした。

それにもかかわらず、セルマーを使っていましたが(苦笑)。

また、ジャズ・ポップス志向の「カスタムYAS-82Z」(39万円)は出色の出来。

13.2万円のエントリーモデル「YAS-280」は海外の自社工場製パーツを輸入し、日本で組み付けるという作戦でコストパフォーマンスが抜群です。

中級者まで十分に扱える偉大な存在です。

ちなみに筆者は現在「カスタムYAS-875GP」をメイン楽器として使っています。

ヤナギサワ

ヤナギサワ

ヤナギサワ オフィシャルウェブサイト

東京都板橋区の工場で造られる、メイド・イン・ジャパン、メイド・イン・トーキョーです。

ラインナップは27万円の「A-WO1」と、37.8万円の「A-WO10」という真鍮製の2機種を軸に、ブロンズやシルバーなどの金属を管体に使ったサックス作りが特徴。

素材によって音色が全く異なる(本当に全然違う!)が、音色の特徴としてはパリッと鳴ってくれる印象です。

どのモデルも全て日本製でクオリティは折り紙付き。

「セルマーは高すぎるし、みんなが使っているヤマハじゃいや!」というヤナギサワユーザーにたまに会います(笑)。

吹奏楽よりもジャズで支持されている印象です。

日本よりも海外での評価が高いようですね。

筆者はつい先日までA-991(WO10の前モデル)を所有していました。

とまあ、こんな感じでしょうか。

全ての機種ではありませんが、御三家の楽器を所有していたので、上記のコメントもそんなに的外れではないと思います。

また、リペアマンならば、この御三家ならば機種にかかわらず、問題なく対応してくれるはずです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

おすすめの記事あわせて読みたい