Wind@RAG
管楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
アルトサックスのマウスピースの選び方。クラシック・吹奏楽編

アルトサックスのマウスピースの選び方。ジャズ・ポップス編

ここでは、ジャズ・ポップス系に特化した、メイヤータイプのアルトサックス用マウスピースをご紹介したいと思います。

クラシック・吹奏楽系は以下で以前紹介しております。

アルトサックスのマウスピースの選び方。クラシック・吹奏楽編

ジャズ・ポップス系オススメのマウスピース

各社から本当にさまざまなタイプのマウスピースがリリースされていますが、世界中のプロもアマが愛してやまないマウスピースがメイヤーです。

しかし、メイヤーが良かったのはニューヨークメイヤーと言われる、1950〜70年頃に製造されたもの。

世界中のアルトサックスプレイヤーの憧れのマウスピースと言っても過言ではないでしょう。

そのニューヨーク・メイヤーの使い手として名高いのがキャノンボール・アダレイです。

一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。

しかし、このニューヨークメイヤーと、現在店頭で販売されている現行品メイヤーは、ブランドは同じですが中身は別物。

材質も違うし、品質もバラツキが大きく、オススメできません!

しかも、ニューヨークメイヤーは今はもうビンテージ化してしまっていて、10万を超える値段がついているうえに、そもそも古いですから、素材の経年劣化や、使用による摩耗などもあって、程度の良いものを見つけるのは至難です。

そこで、各メーカーや工房が、現在の技術を駆使し、ニューヨークメイヤーの復刻版(あるいはニューヨークメイヤーを意識した音作り)と言えるマウスピースをリリースしており、プレイヤーからの評価も上々です。

今回はその中から3本をご紹介したいと思います。

RICO(リコ)|D6M

2014年にリリースされたマウスピース。

このクオリティでこのプライスはすばらしい!

完全機械化だからこそ達成できたプライスだと思います。

まさにジャズ系の最初のマウスピースとしては、最適な1本と言えるでしょう。

ちなみにこんな音色。

いかがですか?

クラシック・吹奏楽系の音とはえらい違いですね!

モデルはD5M、D6M、D7Mとありますが、これはマウスピース先端とリード先端の開き度合い(オープニング)を示しています。

数字が大きいほど広くなり、息がよく入り、コントロールが難しくなる一方、タンギングなどでつけられるニュアンスの幅が広くなります。

オープニングが広いと、リードは薄めになる傾向があります。

吹奏楽からの乗り変えの場合は狭めのオープニングであるD5Mの方が違和感が少ないですが、あえて開きの広いD6Mを選んでみてはいかがでしょうか?

ジャズっぽいニュアンスを覚えるのに最適だと思いますよ!

おすすめの記事あわせて読みたい